LINE Pay(ラインペイ)

出典:LINE Pay Corporation

キャッシュレス決済が推進されている今、どこでも使えるというイメージが強い「LINE Pay」について。

コンビニ・飲食店など身近なお店はもちろん、さまざまなサービスと連携しており、便利な使い方が可能という特徴があります。

実はこのLINE Pay、さまざまなスマホ決済サービスの中でも歴史が古いもの。

では、LINE Payの特徴や現状、そして今後の展開について詳しく見てみましょう。

LINE Payの特徴とは?

LINE Payは、LINE株式会社によるモバイル・送金決済サービスで、2014年12月にサービス開始されました。

LINE Payで特筆すべきことと言えば、さまざまなサービスとの連携について。

お店での買い物やサービス利用の支払いに利用できるのはもちろんのこと、メッセージアプリ・LINEを通じた送金、LINE Payカード(プリペイドカード)の利用など、幅広いサービスが。

その他にも、LINEが展開するサービスとの連携が行われています。

・LINE家計簿
・BITMAX(仮想通貨取引所)
・スマート投資
・外貨両替

など、使えるサービスは幅広く、銀行口座登録時の本人確認を行っていれば、他のサービスを利用するときの面倒な本人確認を省くことができます。

通常の支払いも各サービスの支払いにも、パスコードを入れるだけですぐにLINE Pay残高から差し引かれるので、リアルタイムで素早く支払いが可能に。

他のスマホ決済サービスに比べてチャージ(入金)方法も多く、とにかく使い勝手が良いことから人気のスマホ決済サービスとなっています。

LINE Payのこれまで

LINE Payがどのような経緯でここまでサービスを拡大してきたのかを見てみましょう。

2000年9月4日・LINE株式会社創設
2011年6月23日・LINEアプリ提供開始
2014年12月16日・LINE Pay提供開始
2019年3月27日・メルペイとの戦略的業務提携を発表
2019年8月9日・WeChat Payとの連携を開始
2019年9月17日・仮想通貨取引サービス・BITMAX開始

東京証券取引所の一部上場企業としても知られており、非常に規模の大きな企業です。

メッセージアプリとして当たり前のように利用されているLINEは、2011年6月にスタート。

LINEユーザーを着実に増やし、満を持してキャッシュレス事業に乗り出して生まれたのが、LINE Payなのです。

また、中国版LINEと呼ばれているWeChatの決済サービス・WeChat Payとも連携を開始し、訪日したWeChat PayユーザーがLINE Pay加盟店でスムーズに決済ができるようになったことも話題に。

ほかにも、LINE Pay残高から手軽に投資ができたり、LINEの子会社であるLVC株式会社が手掛ける仮想通貨交換サービス、BITMAXでの仮想通貨トレードにもLINE Payから入出金ができたりと、次々に新しい試みが行われているという特徴があります。

LINE Payの市場シェアは?

ICT総研の市場調査によると、2019年7月時点ではLINE Payが市場シェア一位に。

PayPayとほぼ同率ではありますが、前回(2019年1月)行われた同調査ではPayPayがLINE Payを上回っていたため、逆転したという形になっています。

PayPayとの違いとして、LINE PayはLINEにかかわるサービスの支払いを網羅していることが挙げられます。

たとえば、店舗の加盟店数がPayPayに劣っていたとしても、外出せずとも利用できるLINEのサービスが増えれば、自動的にLINE Payを使うメリットが増えるということ。

スマホ決済の競合として、今後このあたりの伸びが市場シェアに大きく関わってきそうです。

LINE Payの今後はどうなる?

スマホを使ったキャッシュレス決済については、LINE PayとPayPayによる二大巨塔となっている一方、楽天ペイやd払いといった他の決済サービスもじわじわとシェアを伸ばしています。

LINE Payの強みとしては、今や誰もが利用していると言っても過言ではない「LINE」をベースに事業を展開していること。

LINE Payは気軽に送金ができる、企業からの報酬受け取り(フリーランスなど)に利用できる、仮想通貨の取引に使える、店頭での決済に使える、ネットサービスの支払いに使えるなど、幅広い使い方ができます。

つまり、今後もLINEが展開するサービスにLINE Payが利用できるようになるということは、言い換えれば無限の可能性を秘めていると言うことに。

今後LINEがどのようなサービスを展開してくるかによって、さらにLINE Payユーザーが増えることは容易に想像できます。

第一の競合であるPayPayや楽天ペイと、どのような差をつけたサービス展開をしていくのか必見です。

With the cooperation of yana0918
Thank you!

Related posts

  • Origami Pay(オリガミペイ)Origami Pay(オリガミペイ) 出典:Origami Inc. 日本の文化「折り紙」をモチーフにしたスマホ決済サービス・Origami Pay(オリガミペイ)。 乱立するスマホ決済サービスの中でもいち早くサービスを開始したことで知られていますが、Origami Payにはどのような特徴があるのでしょうか。 Origami […]
  • au PAY(エーユーペイ)au PAY(エーユーペイ) 出典:KDDI CORPORATION NTTドコモに続き、au(KDDI)でも独自のスマホ決済サービスが登場しました。 それが「au PAY(エーユーペイ)」。 スマホひとつで簡単に支払いができるサービスとして利用されていますが、他のスマホ決済サービスとはどのような違い・特徴があるのでしょうか。 au PAYの特徴とは? au […]
  • 楽天ペイ楽天ペイ 出典:Rakuten 今や「楽天経済圏」という言葉が生まれるほど、サービス拡大を続けている楽天。 スマートフォンを利用した支払い(決済)に特化した「楽天ペイ」もそのひとつ。 キャッシュレスの波が広がり続けている今、楽天ペイがどのような特徴を持っているのか、なぜ人気なのかその理由について見てみましょう。 楽天ペイの特徴とは? 楽天ペイは文 […]
  • PayPay(ペイペイ)PayPay(ペイペイ) 出典:PayPay株式会社 スマートフォンを使った決済サービスといえば? 多くの方が思い浮かべるのが「PayPay(ペイペイ)」ではないでしょうか。 〇〇ペイが乱立し、混戦状態となっている今、ユーザーはさまざまなスマホ決済サービスの中からより使いやすく、お得なものを求めている状態です。 その中でも、どうしてPayPayが広く利用されているのでしょうか […]
  • メルペイメルペイ 出典:Merpay, […]
  • d払いd払い 出典:NTT DOCOMO, INC. […]
  • QRコード決済QRコード決済 進化するQRコード(出典:株式会社デンソーウェーブ) QRコードとは、 […]
  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください