au PAY(エーユーペイ)

出典:KDDI CORPORATION

NTTドコモに続き、au(KDDI)でも独自のスマホ決済サービスが登場しました。

それが「au PAY(エーユーペイ)」。

スマホひとつで簡単に支払いができるサービスとして利用されていますが、他のスマホ決済サービスとはどのような違い・特徴があるのでしょうか。

au PAYの特徴とは?

au PAYは、KDDI株式会社によるサービスのひとつ。

2019年4月にスタートしており、他のスマホ決済サービスに比べると出遅れている印象が否めません。

ただ、auユーザーという大きな土台があること、さらにauユーザー以外の方も広く利用できるという特徴があるため、利用者数は爆発的な増加をとげていることに注目です。

利用方法はとても簡単、au WALLETアプリをダウンロードするだけ。

さらにauユーザー・非ユーザーのどちらも、au IDを取得する必要があります(無料)

auユーザーの方は、事前チャージ式のau WALLET プリペイドカードの申し込みも併せて必須です。

200円(税込)ごとに1ポイントが貯まる仕組みで、貯まったポイントはさらにチャージして使いまわしができるというもの。

NTTドコモのスマホ決済サービス・d払いが、ドコモユーザー以外の方も利用できることと同じ仕組みになっています。

au PAYのチャージについては、さまざまな方法があります。

非auユーザーの方の場合、コンビニに設置してあるセブン銀行ATMのほかローソンのレジ、auショップ、クレジットカードが利用できます。

auユーザーの場合はさらに幅広く、月々の携帯電話料金と合算して支払いが可能なauかんたん決済を利用できたり、KDDIによる「じぶん銀行」からチャージしたり、一定額を下回った場合に自動でチャージを行うオートチャージの設定も可能です。

au PAYのこれまで

au PAYのこれまでについて、どのような経緯があったのかを振り返ってみましょう。

2019年4月9日・au PAYサービス開始
2019年6月26日・楽天との合意により楽天ペイ加盟店での利用が可能に
2019年10月18日・au以外のユーザーも利用可能に

他のスマホ決済サービスに比べると、まだ始まったばかりという印象。

にもかかわらず、サービス開始から半年の2019年10月5日、au PAYの登録者数はなんと600万人を突破したと発表されました。

キャンペーンやau会員などの条件を満たすと、合計で最大20%という還元率を誇るため、auユーザーからの熱い支持があることがわかります。

さらに、大手スマホ決済サービス「楽天ペイ」(アプリ決済)の対象加盟店においても合意があり、au PAYの利用が可能になりました。

au PAYが利用できる店舗やサービスの拡大が続き、今後もその流れは強くなっていくとみられます。

au PAYの市場シェアは?

ICT総研の調べによりますと、au PAYのスマホ決済サービス(QRコード)は楽天ペイやメルペイに続いています。

同じく携帯電話会社のNTTドコモが提供するd払いは、au PAYよりも若干シェア率が高くau PAYがあとを追っている状況です。

ただ、ドコモのd払いが開始されたのは2018年4月。

au PAYは1年遅れて2019年4月からスタートしているので、このことを考えるとau PAYの追い上げがすさまじいことがわかります。

NTTドコモの契約数は約7,900件あるのに対し、auの契約数は5,600万件。

これを踏まえても、au PAYはauユーザーに対するお得さも相まって、多くのauユーザーを効果的に取り込んでいると言えるでしょう。

au PAYの今後はどうなる?

NTTドコモによるd払いと同じく、auユーザーという土台を活かしたサービス展開が強く行われることが予想されます。

現状でも、CMでおなじみ「三太郎の日」に合わせたキャンペーンを実施しており、auのサービスで利用できるほかau WALLETプリペイドカードなどにチャージできる「au WALLETポイント」でポイント還元されています。

auのサービスがお得に利用できる有料会員「auスマートパスプレミアム会員」であれば、さらに特定の条件を満たせばポイント還元率が高くなるという特徴も。

三太郎の日特典で付与されたポイントの有効期限も4年と長く、auユーザーにとって大きなうま味があるスマホ決済サービスとなっており、他のサービスとの使い分けをすれば大きなメリットが得られると言って良いでしょう。

ただ、auユーザー以外の方もau PAYを利用できるとはいえ、他ユーザーの場合はそれほどメリットがあるというわけではありません。

主要コンビニや飲食店のほか、対応している店舗数が多いため、他のスマホ決済サービスでキャッシュレス決済に対応していない場合はau PAYで決済する、といった使い方もできそうですね。

With the cooperation of yana0918
Thank you!

Related posts

  • Origami Pay(オリガミペイ)Origami Pay(オリガミペイ) 出典:Origami Inc. 日本の文化「折り紙」をモチーフにしたスマホ決済サービス・Origami Pay(オリガミペイ)。 乱立するスマホ決済サービスの中でもいち早くサービスを開始したことで知られていますが、Origami Payにはどのような特徴があるのでしょうか。 Origami […]
  • LINE Pay(ラインペイ)LINE Pay(ラインペイ) 出典:LINE Pay Corporation キャッシュレス決済が推進されている今、どこでも使えるというイメージが強い「LINE Pay」について。 コンビニ・飲食店など身近なお店はもちろん、さまざまなサービスと連携しており、便利な使い方が可能という特徴があります。 実はこのLINE […]
  • 楽天ペイ楽天ペイ 出典:Rakuten 今や「楽天経済圏」という言葉が生まれるほど、サービス拡大を続けている楽天。 スマートフォンを利用した支払い(決済)に特化した「楽天ペイ」もそのひとつ。 キャッシュレスの波が広がり続けている今、楽天ペイがどのような特徴を持っているのか、なぜ人気なのかその理由について見てみましょう。 楽天ペイの特徴とは? 楽天ペイは文 […]
  • PayPay(ペイペイ)PayPay(ペイペイ) 出典:PayPay株式会社 スマートフォンを使った決済サービスといえば? 多くの方が思い浮かべるのが「PayPay(ペイペイ)」ではないでしょうか。 〇〇ペイが乱立し、混戦状態となっている今、ユーザーはさまざまなスマホ決済サービスの中からより使いやすく、お得なものを求めている状態です。 その中でも、どうしてPayPayが広く利用されているのでしょうか […]
  • メルペイメルペイ 出典:Merpay, […]
  • d払いd払い 出典:NTT DOCOMO, INC. […]
  • QRコード決済QRコード決済 進化するQRコード(出典:株式会社デンソーウェーブ) QRコードとは、 […]
  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください