チケット(クーポン券)による月賦販売の開始

オリコのクレジットカード(回数券タイプクーポン券)
クーポン回数券タイプ
昭和20~30年代前半のもの。 オリコが発行していたクーポン券は、100円・200円・500円の金券がひと綴りになっていて、お客さまはこれを購入金額に応じて切り離し、ショッピングをしていました。当時の限度額は3カ月で3~5千円でした。(出典:株式会社オリエントコ-ポレーション)

1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結。戦時経済下で中断していたクレジット産業も営業を再開しました。
戦前に岡山の専門店会が各加盟店の掛売りの集金を代行して一括で行っていた方法を改良して、チケット(クーポン券)による月賦販売も開始されます。

1949年(昭和24年)、京都専門店会が発行した「チケット」による割賦販売がその始まりです。
チケット販売は、勤め先を通じて、消費者に金額が印刷されたチケット冊子を事前に交付し、消費者は特定の専門店会加盟店での買い物時にチケットで支払い、その代金は後日給与より差し引かれるという仕組みになります。
このチケット販売は、顧客囲い込みの為の手段として利用され、分割回数も3回程度、割賦手数料もありません。また、消費者の「相互連帯保証」を採用しており、不払いが発生した場合は職場の利用者全員が責任を負いました。

その後、全国各地の専門店会に拡がり、

1953年(昭和28年)全国組織である「日本専門店会連盟(日専連)」、「日本商店連盟(日商連)」が結成され発展します。
信用販売会社も相次ぎ設立されます。

1951年(昭和26年)、日本で最初の信用販売専業会社である日本信用販売(旧日本信販、現三菱UFJニコス)設立。

1952年(昭和27年)、広島に広島職域指定店会(現ライフ)設立。

1954年(昭和29年)、広島に協同組合広島クーポン(現オリコ)設立。

1954年(昭和29年)、函館にデパート信用販売(現ジャックス)設立。

1956年(昭和31年)、大阪に大阪信用販売(現アプラス)設立。

これら信用販売会社も当初、地域的な活動が中心でしたが、全国的に拡がり、大手百貨店等と提携し、特定の地域に限らず、広域で利用できる「クーポン券」の発行を始めます。

オリコのクレジットカード(小切手タイププーポン)
クーポン小切手タイプ
昭和30年代後半~40年代のもの。
クーポン券は小切手スタイルの券が何枚か綴られるようになりました。券面には利用金額を書く欄と分割回数に丸を付ける欄があり、お客さまはそれを記入して商品を購入しました。こちらの限度額は3ヶ月で1万円でした。
(出典:株式会社オリエントコーポレーション )

信販会社の全国共通クーポン券の発行は、「地域の中小小売店を圧迫する」と日本専門店会連盟(日専連)、日本商店連盟(日商連)などのチケット団体からの非難が発生。

1959年(昭和34年)、当時の通産省による「百貨店業者の割賦販売の自粛について」の通達により、信販会社のクーポン券発行は一都道府県内に限定されることとなります。
これにより大手信販会社は営業規模の縮小、地域的な会社への分割を余儀なくされたのです。

しかし、1963年(昭和38年)、日本信用販売が「ショッピングクレジット(個品割賦購入あっせん)」という個々の商品ごとの新しいクレジットを開始します。

「ショッピングクレジット」はこれまでのチケットやクーポン券のような特定の専門店と特定の消費者しか利用できないシステムと異なり、様々な業態の加盟店で不特定多数の消費者が利用できる画期的なシステムであり、自社で割賦販売能力を持たない小売店・専門店、メーカー等から次々と受け入れられました。

小売店と消費者の間に第3者機関が加わったより汎用性のあるクレジット「ショッピングクレジット(個品割賦購入あっせん)」は、信販会社発展の大きな原動力となったのです。

Related posts

  • クレジットの発祥クレジットの発祥 「クレジット」という概念は貨幣の歴史よりも古くから存在します。 『種子を前借し、後で収穫された穀物にて返す。』 クレジットの歴史は有史以前の農業による定住化が始まった新石器時代まで遡ると言われております。 現存する史実では、紀元前18世紀、メソポタミアで制定された「ハムラビ法典」には既にクレジットに関する条項が定められています。この法典は2メートルを超す黒い石碑に刻 […]
  • 日本のクレジットの起源日本のクレジットの起源 わが国のクレジット(消費者信用)は、貨幣誕生以前、春に種子を貸し付け秋の収穫時に一定の利息をつけて返済させる「出挙(すいこ)」のような形態が発祥と言われております。 貨幣を基にしたクレジット(消費者信用)は、平安末期から鎌倉時代、質の良い渡来銭「宋銭」が流通するようになってから盛んになりました。 そのひとつ「頼母子講(たのもしこう)」は、金銭や穀物を互いに持ち寄って寺 […]
  • 江戸時代のクレジット江戸時代のクレジット 江戸時代に入るとクレジット(消費者信用)は更に普及発展しました。 「販売信用」に関しては、売り上げを増やす為の手法としてクレジットが用いられます。 文政年間(1803年~1830年)に、輪島で「椀講(わんこう)」という「頼母子講(たのもしこう)」や「無尽(むじん)」を発展させたクレジット販売が開始されました。 これは漆器を買いたい人が一つのグループ(講)をつくり、商 […]
  • 月賦百貨店の発祥月賦百貨店の発祥 明治維新後、時代は大きく変化しました。 交通機関や輸送手段も発達し、それまで海岸地域を中心に活動していた「椀舟」の行商人達は、陸輸にて「出張陳列販売」を始めます。 当初、「椀舟」による販売は盆と暮2回の「節季払い」で行われておりましたが、1895年、伊予桜井「椀舟」の家庭で生まれ育った呉服店「丸善」の田坂善四郎により「月掛け売り」がなされるようになります。 「月掛け […]
  • 近代的な割賦販売の開始近代的な割賦販売の開始 明治時代後期より、近代的な割賦制度による販売が製造会社により開始されます。 1901年(明治34年)外資系の「シンガーミシン」が横浜に支店を開設し月賦による直接販売を始めたのが最初です。当時のシンガーミシンの値段は足踏み式のものが60円、月賦を用いると75円。下取り値引きも積極的に行い、大正期にはミシンの代名詞的存在にまでなりました。 1902年(明治35年)、本屋の […]
  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
  • QRコード決済QRコード決済 進化するQRコード(出典:株式会社デンソーウェーブ) QRコードとは、 […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください