ダイナースクラブカードの歴史

Frank X. McNamara(出典:Diners Club International Ltd)

・「クレジットカードで払う」
今では広く普通に行われていることです。
しかし、1950年迄は現金以外で汎用性のある支払い手段は考えがたいことでした。

The Diners Club Card is the first multi-use charge card.

特定の小売店だけではなく、広く多くのシーンで使える汎用クレジットカード。
クレジットカードの歴史は正に「ダイナースクラブ」からはじまったのです。

・クレジットカード誕生に関する有名な話
舞台は1949年、ニューヨーク、エンパイヤーステートビルに隣接する有名なレストラン「Major’s Cabin Grill」になります。ハミルトン・クレジット・コーポレーションのフランク・マクナマラが仕事上の相談の為、古くからの友人のアルフレッド・ブルーミングデイル、弁護士のラルフ・シュナイダーの3人でディナーをした時の出来事です。

食事が終わり、ウェイターが請求書を持ってきたその時、彼は財布が無い事に気が付きます。実は、そのディナーの前に彼はスーツを着替え、肝心の財布もその中だったのです。奥様にお金を届けてもらい助かりましたが、2度とこのような恥ずかしいことは起こすまいと誓いました。

その晩彼が考えたことは
「なぜ、支払い能力ではなく、持ち歩いている現金によって消費が制限されるのか?」

またその当時、ガソリンスタンド、デパートなど各々小売店にて使用できるハウスカードが流行していました。これは、複数枚のカードを持ち歩かなければいけない煩わしさがあったのです。

これらをヒントに、フランク・マクナマラ、アルフレッド・ブルーミングデイル、ラルフ・シュナイダーの3人は、1950年、1枚のカードで広く使用出来る「Diners Club」という新しいクレジットの会社を設立致しました。

the world’s first multipurpose charge card
世界で最初のクレジットカード(出典:Diners Club International Ltd)

1950年2月、マクナマラと彼の仲間ラルフ・シュナイダーは「Major’s Cabin Grill」に再び訪れ、ディナーを注文します。そして、食事が終わり請求書が来た時、マクナマラは現金で支払う代わりに、小さなボール紙のカード- a Diners Club Card -を提示、サインしました。

これは、クレジットカード業界において、記念すべき最初の出来事として語り継がれております。

ダイナースクラブ1956年広告(出典:Restaurant-ing through history)

・1950年5月14日
ニューヨークの14のレストランを加盟店とし、200名の会員からスタートしました。
当初、加盟店独自のハウスカードとの住み分け、手数料の件等々問題も頻発し、楽な船出ではありませんでしたが、その年の末には会員数は20,000人に達しました。

そして、1952年、創始者であるフランク・マクナマラが一線から退くもダイナースクラブは成長を続け、1958年、アメリカンエキスプレス、バンク・アメリカード(VISAの前身)が参入し、汎用クレジットの概念は更なる発展を遂げることとなったのです。

Related posts

  • MasterCard の歴史MasterCard の歴史 VISAと並ぶメガブランド「MasterCard」。 今現在、VISA、MasterCard、この2つのブランドで、クレジットカード市場の9割を占めます。 1940年代後半、一部のアメリカの銀行が、地元の商店で現金同様に使用できるクーポンを顧客向けに発行したことが起源です。 1951年、ニューヨークにあるFranklin National […]
  • クレジットカード歴史概略クレジットカード歴史概略 1945年、第二次世界大戦が終結し、アメリカ合衆国では再びクレジット産業が活発化し、石油会社や小売業者のハウスカードが広く普及しました。 当初のハウスカードは特定のガソリンスタンドや小売店でしか利用出来ませんでしたが、その後、系列の店舗間での利用が可能なカードへと発展します。 1950年、消費者と小売店の間に「第3者機関」が加わった新しいクレジット「汎用クレジットカード」 […]
  • クレジットカードとはクレジットカードとは クレジット(Credit)とは、消費者信用(Consumer Credit)の略であり、 『消費者の「信用」を最大の担保として行われる信用供与サービス』 のことです。 つまり、クレジットカード(Credit […]
  • American Express Card の歴史American Express Card の歴史 T&Eカードの雄「アメリカン・エキスプレス」。 しかし、その業態は幅広く、クジットカード、旅行小切手、旅行代理店業など旅行関連業務および、銀行業などの金融サービス業務を中心業務とするグローバル企業になります。 1850年、アメリカン・エキスプレスはニューヨーク州バッファローにて、Henry Wells、 William Fargo、 John […]
  • VISAの歴史VISAの歴史 1950年、ニューヨークで世界最初の汎用クレジットカード「ダイナースクラブ」が産声をあげてまもなく、1958年、全米最大の銀行である「Bank of […]
  • JCBの歴史JCBの歴史 日本発唯一の国際クレジットカードブランド、JCB日本のクレジットカードの歴史はJCBカードの歴史と深く関わっています。 1950年、米国にて世界最初の汎用クレジットカードであるダイナースクラブカードが誕生し、遅れること10年、1960年、日本ダイナースクラブがシティバンク、富士銀行、JTBによって設立されました。 1961年、東京に、「株式会社日本クレジットビューロー(JC […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
  • クレジットの発祥クレジットの発祥 「クレジット」という概念は貨幣の歴史よりも古くから存在します。 『種子を前借し、後で収穫された穀物にて返す。』 クレジットの歴史は有史以前の農業による定住化が始まった新石器時代まで遡ると言われております。 現存する史実では、紀元前18世紀、メソポタミアで制定された「ハムラビ法典」には既にクレジットに関する条項が定められています。この法典は2メートルを超す黒い石碑に刻 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください