支払手段考察

貨幣(現金)が決済手段の基本であることは言うまでもありません。

そして、日常のショッピングにおいて利用出来る汎用性の高い支払手段として、この「貨幣」と「クレジットカード」が、長い間、中心を占めてきたとも言えます。

しかし、近年、この図式に変化が出てきました。
2000年3月6日:「貨幣」にとても近い即時決済型の「デビットカード(J-Debit)」誕生。
2001年11月7日:少額支払にターゲットを絞ったプリペイド(前払い)型の電子マネー「Edy(エディ)」誕生。
2004年2月10日:同じく少額支払型電子マネーの「Suica(スイカ)」によるショッピングサービス開始。「Suica(スイカ)」自体は2001年11月18日に誕生。
2005年4月4日:クレジットによるポストペイ(後払い)型の「QUICpay(クイックペイ)」誕生。JCBカード。
2005年12月1日:同じくポストペイ(後払い)型のお財布携帯「iD」誕生。三井住友カード。

クレジットカードが少額支払で使われない理由の一つに、「オーソリゼーション(承認)」及び「サイン」の手間と時間が挙げられます。

2000年に、J-Debitが登場した時、プラスティックマネーとして、あわや、紙やコインの貨幣に取って替わるかのような脚光を浴びました。結果は今現在で判断するならば「今一歩」です。
その原因の一つは、「暗証番号」入力の手間が挙げられます。

しかし、(預金の範囲で)限度額の無いこのデビットカードは非常に優れた決済手段であり、欧米諸国では広く普及しております。

そして、このクレジットカードやデビットカードの弱点を補うかのごとく誕生したのが、前払い式の電子マネーと後払い式の非接触ICクレジットカードです。

これらは、利用できる限度額を5万円と低く抑える代わりに、サインや暗証番号入力といった手間を省いたスピーディーな支払いを可能としているのが特色になります。

「少額支払市場」は60兆円とも言われ、今現在のクレジットカード市場(27兆円)の倍もの規模に相当します。

・前払い式(Edy、Suica、nanaco、WAON)
・即時払い式(J-Debit)
・後払い式(QUICpay、iD、Visa Touch、Smartplus、Paypass)

何れの方式が市場を制するのか?暫くは、目の離せない展開が続きそうですね。

Related posts

  • 貨幣貨幣 貨幣はいつ頃から使われはじめたのか不明です。言い換えればそれほど古い歴史を持っています。 普段何気なく使っている「お金」ですが、その歴史と仕組みを想像すると結構面白いものです。 お金がもっている機能は大きく分けて3つあります。①モノを交換する(価値交換機能)②モノの価値を測る(価値尺度機能)③モノの価値を貯めておく(価値保存機能) 貨幣誕生以前は言うまでも無く「物」と「物」 […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
  • 近代的な割賦販売の開始近代的な割賦販売の開始 明治時代後期より、近代的な割賦制度による販売が製造会社により開始されます。 1901年(明治34年)外資系の「シンガーミシン」が横浜に支店を開設し月賦による直接販売を始めたのが最初です。当時のシンガーミシンの値段は足踏み式のものが60円、月賦を用いると75円。下取り値引きも積極的に行い、大正期にはミシンの代名詞的存在にまでなりました。 1902年(明治35年)、本屋の […]
  • 江戸時代のクレジット江戸時代のクレジット 江戸時代に入るとクレジット(消費者信用)は更に普及発展しました。 「販売信用」に関しては、売り上げを増やす為の手法としてクレジットが用いられます。 文政年間(1803年~1830年)に、輪島で「椀講(わんこう)」という「頼母子講(たのもしこう)」や「無尽(むじん)」を発展させたクレジット販売が開始されました。 これは漆器を買いたい人が一つのグループ(講)をつくり、商 […]
  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • クレジットカード会社の階層クレジットカード会社の階層 クレジットカードは主に3つの階層で成り立っています。 ①国際ブランド管理組織(ペイメントシステム協会) ②アクワイアラー(加盟店開拓会社) ③イシュアー(クレジットカード発行会社) 国際ブランド管理組織には、 非営利組織のVISA(ビザ)インターナショナル、株式会社化したものの同様にオープン組織であるMASTER(マスター)カード、そして、クローズド・ループと言われ自らブ […]
  • クレジットカード用語集【な行】クレジットカード用語集【な行】 nanaco(ナナコ) 非接触型のICチップ「FeliCa」を搭載したプリペイド方式のセブン&アイHLDGS.独自の電子 […]
  • 月賦百貨店の発祥月賦百貨店の発祥 明治維新後、時代は大きく変化しました。 交通機関や輸送手段も発達し、それまで海岸地域を中心に活動していた「椀舟」の行商人達は、陸輸にて「出張陳列販売」を始めます。 当初、「椀舟」による販売は盆と暮2回の「節季払い」で行われておりましたが、1895年、伊予桜井「椀舟」の家庭で生まれ育った呉服店「丸善」の田坂善四郎により「月掛け売り」がなされるようになります。 「月掛け […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください