Discover Card(ディスカバー・カード)

Discover Card(出典:Discover Bank, Member FDIC)

Discover Card(ディスカバー・カード)とは、世界的な投資銀行「モルガン・スタンレー」傘下のクレジットカードです。

全米を拠点とし、会員数は5,000万人、加盟店数は400万以上を有する米国4大ブランドのひとつになります。

その起源は、当時、全米最大の百貨店「シアーズ(Sears, Roebuck and Co.)」であり、
1931年、オールステート保険(Allstate)設立
1981年、ディーン・ウィッター証券(Dean Witter Financial Services Group)、コールドウェル・バンカー不動産(Coldwell Banker)を獲得
1985年、グリーンウッド信託銀行(Greenwood Trust Company)を獲得

巨大な店舗網とハウスカードの実績の基に、シアーズ・ファイナンシャル・ネットワーク(Sears Financial Network)として金融サービス事業を拡大し、汎用クレジットカードを発行したことからはじまります。

1986年、ディーン・ウィッター証券が「ディスカバー・カード」発行。

年会費無料、利用金額の1%キャッシュバックという当時としては斬新なサービスの提供により、後発ながらも瞬く間に会員獲得に成功します。

しかし、小売業のシアーズ傘下のクレジットカードは、同業の加盟店獲得に苦戦、また、本業の小売業もウォルマートやトイザラスのような一分野に特化した専門店との競争が激しくなり、金融事業を手放します。

1993年、ディーン・ウィッター・ディスカバー社(Dean Witter, Discover & Co.)として公開企業となります。シアーズ・カスタマー・ファイナンシャル社(Sears Consumer Financial Corporation)もノーヴァス・クレジット・サービス(NOVUS Credit Services Inc.)と名称を変えます。なお、ノーヴァス(NOVUS)とは、加盟店用のブランドです。

1997年、ディーン・ウィッター・ディスカバー社はモルガン・スタンレー(Morgan Stanley Group, Inc.)と合併し、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター社(Morgan Stanley Dean Witter & Co.)となります。これにより、「ディスカバー・カード」はモルガン・スタンレー傘下となります。

2002年、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・アンド・カンパニー(Morgan Stanley Dean Witter & Co.)からモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)に名称変更。
グループ企業もそれぞれ、
1999年、「Novus Services, Inc.」が「Discover Financial Services, Inc.」
2000年、カード発行の中心である「Greenwood Trust Company」も「Discover Bank」
へと名称が統一されます。

2004年、提携銀行に他のカードブランドの発行を禁じたVISA・MasterCardの排他政策を米連邦最高裁が反トラスト法違反との判決を下し、ディスカバー・カードの銀行提携カード発行の道が開かれます。

2005年、銀行間ネットワーク協会(EFT association)の「Pulse」を獲得し、デビットカードとATMカードの発行を開始。デビットカード市場に強い基盤をつくります。

これまでは、主に、米国内のブランドとして発行されていましたが、近年では英国、メキシコ等周辺諸国でも開拓を行い、
2005年5月、中国のユニオン・ペイと加盟店を相互開放合意
2006年2月、英国のクレジットカード発行会社「ゴールドフィッシュ(the Goldfish credit card business)」獲得
2006年8月、JCBとも加盟店・ATMネットワークの相互開放合意
2007年7月、ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ(Discover Financial Services)がニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場。

ディスカバー・カードは、「シアーズ」、「ディーン・ウィッター」、「モルガン・スタンレー」と親会社の変更を経験し、株式公開、ついに、クレジットカードの会社として独立します。

そして、米国内のみならず、海外においても更なる発展が、今、現在、なされている状況です。

Related posts

  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
  • VISAVISA 「VISAカード」は世界150カ国以上の地域の2,000万店以上で使用でき、全世界のカード売り上げの60%以上ものシェアを占める世界最大のクレジットカードです。 VISAインターナショナルは、VISA商標の所有権・使用許諾権を持ち、国際オーソリゼーション(信用照会)、資金精算の集中処理、新しいサービスの開発、世界規模の広告PR活動を主務にしています。 つまり、VISAインタ […]
  • MasterCardMasterCard VISAと並ぶ国際ブランドの雄「MasterCard」。 世界的なATM網を持ち、特にデビットカードの市場ではリーダー的な存在です。 MasterCard Incorporated(マスターカード・インコーポレーテッド)は、米国証券取引委員会(SEC)に登録している非公開株式会社(近年上場予定)で、MasterCard […]
  • JCBカード(ジェーシービー)JCBカード(ジェーシービー) JCBカード(出典:株式会社ジェーシービー) JCBは1961年、旧三和銀行と旧日本信販によって設立された(株)日本クレジットビューロー(略称JCB)、(株)大阪クレジットビューロー(略称OCB)が前身です。その後、1968年、両社は合併し、1978年、名称も今の「ジェーシービー(JCB)」となりました。 そして、1981年、日本のカード会社としては初めて独自の […]
  • American Express Card の歴史American Express Card の歴史 T&Eカードの雄「アメリカン・エキスプレス」。 しかし、その業態は幅広く、クジットカード、旅行小切手、旅行代理店業など旅行関連業務および、銀行業などの金融サービス業務を中心業務とするグローバル企業になります。 1850年、アメリカン・エキスプレスはニューヨーク州バッファローにて、Henry Wells、 William Fargo、 John […]
  • VISAの歴史VISAの歴史 1950年、ニューヨークで世界最初の汎用クレジットカード「ダイナースクラブ」が産声をあげてまもなく、1958年、全米最大の銀行である「Bank of […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
  • 楽天カード楽天カード 「楽天カードマン」 このフレーズですぐにイメージできるのが、楽天カードです。 数あるクレジットカードの中でも特に知名度が高く、利用者も多いと言われているカード。 そんな楽天カードを発行するのが、楽天カード株式会社です。 実はこの楽天カード株式会社、これまでにさまざまな遍歴を経て今に至っています。 なかなか知られていない楽天カード株式会社について、詳しく見てみましょう。 楽 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください