三井住友VISAカード

三井住友VISAカード(出典:三井住友カード株式会社)

三井住友VISAカード日本のVISA(ビザ)のパイオニア「三井住友VISAカード」。

日本の「VISAカード」は、1968(昭和43)年、住友クレジットサービスより発行された「住友カード」が最初になります。

当時はまだ「VISA」という統一ブランドはなく、米国のバンク・アメリカード(BankAmericard)の日本におけるフランチャイズとして、住友クレジットサービスが提携銀行や会員、加盟店の増加に努めたことで国内において拡大していきました。

「結束の住友」とは良く言ったもので、“MasterCard”が三菱銀行系のDCカード、富士銀行系のUCカード、東海銀行系のMCカードなどの連合体であるのに対し、“VISA”は住友銀行系の住友クレジットサービスを中心とした強固な組織をつくり上げます。

グループとして事業をよりスムーズかつ強力に展開する上から、1980年、日本でのVISAカード発行会社の統括機関として「VISAジャパン(株)」を設立。1983年、同社を「VISAジャパン協会」に改組し、2006年、「VJA(通称VJ協会)」と名称変更し現在に至っています。

VISAは世界に6つの地域役員会(アジア・パシフィック地域、カナダ、USA、東ヨーロッパ・中東アフリカ地域、EU地域、中南米地域)を設けており、そのアジア・パシフィック地域の指導的立場にあるのがVJA(VJ協会)であり、VJA(VJ協会)の中心は三井住友カードなのです。

1967.12:株式会社住友クレジットサービス設立(VISAの前身 BANK AMERICARDと提携)
1968.6:営業開始

1968.12:会員向け情報誌創刊
1976.1:住友メンバーズローン取り扱い開始

1980.2:国内外共通VISAカード発行
これにより国内のみならず、国外でも1枚のカードで使えるようになります。

1980.5:ビザ・ジャパン株式会社を設立

1980.6:提携カード発行開始
1981.4:年中無休24時間オーソリゼーション実施
1982.3:VISAワールドプレゼント開始
1982.4:住友VISAゴールドカード発行/磁気ストライプカード発行
1982.9:加盟店端末機(CAT)設置開始
1982.10:VISAキャッシュマシーン設置開始(東京・新宿、大阪・中之島)
1983.6:VISAギフトカードを発行

1983.9:ビザ・ジャパン株式会社をVISAジャパン協会に改組
1985.2:国際間コンピュータ接続によるオンラインシステム完成
1985.9:女性専用カード・住友VISAカードアミティエ発行
1985.10:オートコールシステムによる延滞督促を実施
1985.12:新東京国際空港に国際間ATM(現金自動受払機)第一号機設置
1986.5:住友VISAエグゼクティブカード発行

1989.4:マスターカード取り扱い開始(デュアル化)
1989.7:住友ヤングゴールドカード20S発行
1992.10:リボルビング払い取り扱い開始
1993.10:サミットシステム稼動
1994.1:写真入りカードを発行
1999.8:インターネット総合サービス「Vp@ssClub」開始
2000.8:最上級ステイタスカードとして「住友VISAプラチナカード」発行開始

2001年4月、母体である住友銀行、さくら銀行が合併し、三井住友銀行が発足。それに伴い
2001.4:「三井住友カード株式会社」に社名変更
2001.4:ICカードの本格発行開始
2001.7:さくらカード株式会社のVISA・マスターカード事業部門との統合
2003.2:三井住友フィナンシャルグループに参画
2004.3:日本初の「VISAミニカード」を発行
2004.8:当社が全面受託したポストペイ(後払い)決済サービス「PiTaPa」がグランドオープン

2005.5:NTTドコモとの「携帯電話を活用したクレジット決済サービス事業の共同推進を中心とした業務・資本提携」について発表
2005.6:中国銀聯との「日本国内における銀聯カードの決済サービスに関する業務提携」について発表

4大財閥の視点から見れば、
住友が“VISA”
三菱、安田(富士銀行)が“MasterCard”
三井が“JCB”
を設立当初推したわけですが、クレジットカードの世界では偶然にも非MasterCard陣営の「住友」と「三井」が一緒になりました。

藤原道長の末裔「三井家」、平家の末裔「住友家」
財閥の中でも300年以上の歴史を誇る名門中の名門になります。
共に源氏とライバル関係にあった両家の組織が、今、現代にて一つとなったのです。
さらに紐を解き語るもとても面白いのですが、これはまたのお楽しみに。

Related posts

  • VISAの歴史VISAの歴史 1950年、ニューヨークで世界最初の汎用クレジットカード「ダイナースクラブ」が産声をあげてまもなく、1958年、全米最大の銀行である「Bank of […]
  • 楽天カード楽天カード 「楽天カードマン」 このフレーズですぐにイメージできるのが、楽天カードです。 数あるクレジットカードの中でも特に知名度が高く、利用者も多いと言われているカード。 そんな楽天カードを発行するのが、楽天カード株式会社です。 実はこの楽天カード株式会社、これまでにさまざまな遍歴を経て今に至っています。 なかなか知られていない楽天カード株式会社について、詳しく見てみましょう。 楽 […]
  • イオンクレジットサービスイオンクレジットサービス イオンカード総合スーパー最大手のイオン。 イオンの店舗数は全国に約1,500、そして、そのイオンカードの会員数は約1,370万人と非常に巨大な流通グループです。 傘下企業は非常に多く、主な企業には ・マイカル(サティ、ビブレ) ・マックスバリュー ・ミニストップ そして、 ・イオンクレジットサービス などがあります。 イオンカードは「イオンクレジットサービス」によって […]
  • UCカードUCカード みずほフィナンシャルグループのクレジットカード会社「UCカード(ユーシーカード株式会社)」。 UCカードは、大衆カードとして先行するJCBに対抗すべく、1969年「ユニオンクレジット」として発足しました。"ユニオン"の名の如く、富士銀行、第一銀行、三菱銀行、日本勧業銀行、埼玉銀行、太陽銀行の都市銀行6行によって共同で設立されております。 1969年:ユニオンクレジット […]
  • 《セゾン》カード《セゾン》カード 《セゾン》カードインターナショナル […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
  • DCカードDCカード 日本を代表する企業グループ・三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)。 「DCカード」はそのグループ企業「三菱UFJニコス株式会社」が発行するクレジットカードになります。 DCカードの名称は"三菱"のマークにちなむ「ダイヤモンドクレジット」からきています。 住友カードのように財閥の名称から直接採るのではなく、"マーク"由来というのはユニークです。 そもそも、「三 […]
  • クレジットカード歴史概略クレジットカード歴史概略 1945年、第二次世界大戦が終結し、アメリカ合衆国では再びクレジット産業が活発化し、石油会社や小売業者のハウスカードが広く普及しました。 当初のハウスカードは特定のガソリンスタンドや小売店でしか利用出来ませんでしたが、その後、系列の店舗間での利用が可能なカードへと発展します。 1950年、消費者と小売店の間に「第3者機関」が加わった新しいクレジット「汎用クレジットカード」 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください