クレジットカード用語集【か行】

CAT
信用照会承認の為のオンライン端末。

CAFIS
日本クレジットカード協会により策定された標準的な信用照会システム。

カード会社
クレジットカードを発行する会社。

カード会員
カード会社との契約により、クレジットカードの貸与・使用を認められた人。カードホルダーとも言う。

カード支払
商品及びサービスの代金をクレジットカードで支払うこと。

カード更新
有効期限終了のクレジットカードを、新しい有効期限のカードに更新すること。会員番号の変更は伴わない。

カード再発行
カードを紛失したり、破損した場合に、新しいカードを発行すること。三井住友等カード会社によっては再発行手数料が取られる。会員番号の変更を伴うケースが多い。

カード識別コード
クレジットカードの磁気ストライプに入力されているカード発行会社、カード会員番号等の識別番号。

カードショッピング
クレジットカードを用いて商品・サービスの購入を行うこと。

カード盗難保険
クレジットカードが紛失・盗難等により他人に不正使用された際に、その損害を補償する保険。ただし、暗証番号が漏れ不正にキャッシングされた場合は自己責任となる。

カード犯罪
盗難、スキミング、フィッシング詐欺等違法な行為。スキミング被害はスキミングされてから通常2~3ヵ月後に犯されるケースが多い。

カードホルダー
クレジットカードの保有者。

カードローン
CDやATMからカードを利用して受ける中長期的な借り入れ。キャッシングに比べると利息は低利。

会員規約
クレジットカード会社とカード会員との契約事項。

会員サービス
クレジットカード会社及び提携企業がカード会員に対して提供する各種サービス。

海外アシスタントサービス
カード会員が海外旅行先で受けられる各種サービス。あまり知られていないが有事の際の情報提供など特筆すべきものもある。

買いまわり
換金目的等で高価転売可能な商品を短期間に繰り返し購入すること。

学生カード
満18歳の収入の無い大学生や専門学校の生徒に発行されるカード。

家族会員カード
クレジットカード主会員の家族に貸与されるクレジットカード。

割賦
購入代金を複数回に分けて返済する支払い方法。

割賦購入あっせん
小売業者から消費者が物品・サービスを購入する際の割賦販売の取扱いを代行すること。

割賦購入あっせん業者
割賦購入あっせんを業とする者。一般的には信販会社。

割賦販売
一般的には分割払いで商品及びサービスを販売すること。厳密には割賦販売法で、「1.購入者から代金を2か月以上の期間にわたり、3回以上に分割して受領することを条件として指定商品を販売すること、2.利用者にクレジットカード(証票など)を発行し、利用者から、そのカード利用代金をあらかじめ定められた方法で受領することを条件に指定商品を販売すること。」と定義されている。

加盟店
アクワイアラーと契約している小売店。

加盟店手数料
加盟店がクレジットカードでの売上に応じてそのクレジットカード会社に支払う手数料。

ギャザリング機能
加盟店とクレジットカード会社がCATやPOSにより、オンラインでオーソリゼーションを行っている場合に、カード取引のデータを、クレジットカード会社が取り込む機能。

キャッシュカード
銀行・郵便局等の金融機関が、預金者に対して発行するCD・ATM用のカード。

キャッシュバック
クレジットカードの利用額に応じて一定割合がポイントもしくは現金で還元されること。

キャッシング
CDやATMからカードを利用して受ける短期的な小口の融資。一般に利息が高い。

銀行系クレジットカード
銀行若しくは銀行の子会社が発行するクレジットカード。

空港ラウンジサービス
国内及び海外の空港における有料ラウンジが無料で利用できるサービス。各社、ゴールドカードホルダーに提供しているケースが多い。

クーリングオフ
意に添わない買い物をした際、一定期間内であれば契約の解除ができる制度。クーリングオフの適用除外例もあるので注意が必要。

クレジットカード
会員の信用に基づき、後払いで商品及びサービスの購入ができるカード。

クレジットバウチャー
売り上げを取り消す伝票。

クレジットマスター
クレジットカード番号に特殊な計算を施して別のクレジットカード番号を割り出す手口。

クレジットライン
与信限度額。クレジットカード会社が個別に設定している利用限度額。

コーポレートカード
法人組織に対して発行するクレジットカード。一部ゴールドカードとしての機能に制限があるが、年会費の優遇、会社と個人にポイントがつくなどメリットが大きい。

ゴールドカード
金色(ゴールド)のクレジットカード。レギュラーカードに比べ、高額の利用限度額、保険その他のサービスが充実している。

国際カード
国境を越えて使用可能なクレジットカード。一般に VISA、MASTER、JCB、アメリカン エキスプレス、ダイナースクラブの5大ブランドを指すことが多い。

コ・ブランドカード
クレジットカード発行会社が各種ショップ(流通系、交通系、石油系、etc・・・。)と提携して発行するクレジットカード。提携を通じて、クレジットカード会員に提供できるサービスと特典を増加させられるメリットがある。クレジットカード発行会社にとっては、ローコストで会員数の増加が図れ、また、各種ショップにとっては、自店購入での各種還元をすることにより優良顧客の囲い込みができる。

Related posts

  • クーリングオフクーリングオフ 店舗外販売や訪問販売で、購入の申し込み・契約をした消費者に、一定期間内ならば違約金を支払うことなく無条件で契約の解除、申し込みの撤回を認める制度です。 クーリング・オフの期間は、クーリング・オフについて書面で知らされた日から起算して、訪問販売8日間、電話勧誘販売8日間、特定継続的役務8日間、マルチ商法20日間、業務提供誘引販売20日間。 不意打ち的な営業に対する弱者保護の […]
  • 近代的な割賦販売の開始近代的な割賦販売の開始 明治時代後期より、近代的な割賦制度による販売が製造会社により開始されます。 1901年(明治34年)外資系の「シンガーミシン」が横浜に支店を開設し月賦による直接販売を始めたのが最初です。当時のシンガーミシンの値段は足踏み式のものが60円、月賦を用いると75円。下取り値引きも積極的に行い、大正期にはミシンの代名詞的存在にまでなりました。 1902年(明治35年)、本屋の […]
  • クレジットカード用語集【ら行】クレジットカード用語集【ら行】 リボルビングカード リボルビングシステムで返済するクレジットカード。 リボルビングシステム クレジットカードの支払方式の一つ。物品・サービスの購入代金を、毎月固定の最少返済義務額(ミニマムペイメント)で支払う支払方法。繰越払い分には手数料(事実上の金利)が加算される。 […]
  • クレジットカード用語集【や行】クレジットカード用語集【や行】 約定 契約。約束して定めること。 約定金利 契約によって定められる金利 約定返済 契約において定められた返済予定。 約款 契約を定型的に処理する為作成された契約条項。 ユーザンス 支払い猶予。期限付き手形の手形満期日までの支払い猶予期間。 融資 資金を融通して貸し出すこと。 融資収益 資金を融通して貸し出すことによって発生した利息及び手数料等の利益。 預金口座振 […]
  • クレジットカード用語集【ま行】クレジットカード用語集【ま行】 マイレージサービス 飛行機に乗ると距離に応じてマイルが貯まり、マイルが一定量に達すると無料航空券と交換、座席をグレードアップできるサービス。1981年にアメリカン航空が採用して以来各社に普及。 […]
  • クレジットカード用語集【は行】クレジットカード用語集【は行】 FeliCa […]
  • クレジットカード用語集【な行】クレジットカード用語集【な行】 nanaco(ナナコ) 非接触型のICチップ「FeliCa」を搭載したプリペイド方式のセブン&アイHLDGS.独自の電子 […]
  • クレジットカード用語集【た行】クレジットカード用語集【た行】 DCMX NTTドコモが提供するクレジットブランド「iDTM」に対応しカードと携帯電話の支払機能の両方に対応したクレジットサービス。 代位弁済 債務者以外の第三者等が債権者に対し債務の弁済を行うこと。 立て替え払い 物品・サービスの購入時にクレジットカードで支払した際、クレジットカード会社が契約に基づきカード会員に代わって購入先の加盟店にその代金を支払うこと。 ダブルカ […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください