クレジットカードの市場規模

(社)日本クレジット産業協会の2005年12月末時点での推計に拠りますと、
クレジット産業の市場規模は、後払いショッピングなどの「販売信用」が約40兆円、キャッシング・カードローンなどの「消費者金融」が約34兆円。合わせて約74兆円の市場規模です。

その内
・クレジットカードの一回払いは23兆円
・クレジットカードの割賦払いは2兆円
・クレジットカードのキャッシングは8兆円

なお、クレジットカードの発行枚数は2億7千万枚。
国民1人当り2枚強所有している計算になります。

日本におけるクレジットカードの普及は諸外国と比し進んでいない感もあり、また、少額支払市場への普及をはじめ、公共料金、税金などの支払もクレジットカードで可能になるなど、その市場規模は今後より拡大していくことでしょう。

Related posts

  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
  • クレジットカード系列別発行枚数クレジットカード系列別発行枚数 クレジットカード系列別の発行枚数は、(社)日本クレジット産業協会の推計に拠りますと下記の通りになります。 系列名:2005年度発行枚数(1995年度発行枚数) ①銀 行 系 :10,258万枚(8,882万枚) ②流 通 系 : 7,861万枚(5,916万枚) ③信 販 系 : 6,778万枚(6,288万枚) ④メーカー系 : 1,109万枚( […]
  • クレジットカードとはクレジットカードとは クレジット(Credit)とは、消費者信用(Consumer Credit)の略であり、 『消費者の「信用」を最大の担保として行われる信用供与サービス』 のことです。 つまり、クレジットカード(Credit […]
  • クレジットカードを支えるシステムクレジットカードを支えるシステム クレジット端末機G-CATクレジットカードを支えるシステムとして、CAT(Credit Authorization […]
  • クレジットカードの支払方法クレジットカードの支払方法 クレジットカードには複数の支払方法があります。 ここでは代表的な支払方法をご紹介しましょう。 ①翌月一括(1回)払い 利用代金を翌月に一括して支払う方式。最も用いられている支払い方法になります。 一般に手数料は不要。 ②ボーナス払い 利用代金をボーナス時期に一括して支払う方式。 一般に手数料は不要。 ③分割払い 利用代金を支払い回数を決めて分割して支払う方法(3回払い以 […]
  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • J-Debit(ジェイデビット)J-Debit(ジェイデビット) 普段何気なく使っている「決済」という言葉。 狭義の意味は「対価(現金等)の受け渡しによって売買取引を済ませる」こと。 つまり、利用の時点で現金の移動を伴わないクレジットカードや電子マネーは、厳密には、「決済手段」ではなく、「支払手段」という表現が正しいかも知れません。 汎く日常で用いられる"決済手段"とは、「現金」と、即時に預金にて決済されるこの「デビットカード」の […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください