クレジットカードとは

ダイナースクラブカード:世界最初のクレジットカード(出典:Diners Club International Ltd)

クレジット(Credit)とは、消費者信用(Consumer Credit)の略であり、
『消費者の「信用」を最大の担保として行われる信用供与サービス』
のことです。

つまり、クレジットカード(Credit Card)とは、
『消費者の「信用(Credit)」を基に後払いで買い物等の出来るカード』
になります。
“物的”な担保ではなく、消費者の”信用”が担保になるというのは画期的なことです。

また、「クレジットカード(Credi Card)」の本質は、「消費に対する信用(Consume Credit)」ではなく、あくまで、「個人に対する消費目的の為の信用供与(Consumer Credi)」になります。
様々な形態のクレジットカードが発行されていますが、個人ではなく”法人”に対するもの、同じ個人であっても消費目的ではなく”事業や営利を目的”とするものは本来の意味の「クレジット(消費者信用)」ではないのです。

クレジットの定義は2つに分けられます。
①販売信用(Sales Credit):
財貨・サービスの購入代金の支払いを一定期間猶予する信用形態
②消費者金融(Consumer Finance):
金銭を直接貸し付ける信用形態
一般に、販売信用を「クレジット」、消費者金融を「ローン」とも言います。

クレジットの機能は2つ挙げられます。
①支払い手段
②支払いを一定期間猶予・平準化する手段

貨幣の機能の一つに『モノの価値を貯めておく(価値保存機能)』があります。これは例えば、収穫した果物など時と共に劣化してしまいますが、貨幣に変えておけばその価値を保存することができ、後で同価値のものに変えられるというものです。
その視点から言えば、「②支払いを一定期間猶予・平準化する機能」は「モノの価値を先取りする機能」ということも出来ます。

なお、通常、「クレジットカード」とは「汎用クレジットカード」を意味します。
汎用クレジットカードとは、《①消費者》が物品・サービスを《②小売店》から購入する際、《③クレジットカード会社》にその代金を立て替え払いさせることが出来るものです。

・汎用クレジットカード:
《①消費者》 ⇔ 《③クレジットカード会社》 ⇔ 《②小売店》

つまり、《①消費者》と《②小売店》の間に第3者機関である《③クレジットカード会社》が入っている点が、《①消費者》と《②小売店》2者間のクレジットであるハウスカードと異なります。

・ハウスカード:
《①消費者》 ⇔ 《②小売店》

1950年以前にも石油会社や百貨店などのハウスカードは存在しましたが、ダイナースクラブの発足により『第3者機関』が加わった新しいクレジットの仕組みが創られました。
これにより、特定の小売店・業界のみならず、多くの小売店・業界で利用出来る汎用性・利便性の高いクレジットカードが誕生したのです。

Related posts

  • ダイナースクラブカードの歴史ダイナースクラブカードの歴史 ・「クレジットカードで払う」 今では広く普通に行われていることです。 しかし、1950年迄は現金以外で汎用性のある支払い手段は考えがたいことでした。 The Diners Club Card is the first multi-use charge […]
  • クレジットカードを支えるシステムクレジットカードを支えるシステム クレジット端末機G-CATクレジットカードを支えるシステムとして、CAT(Credit Authorization […]
  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
  • クレジットカード系列別発行枚数クレジットカード系列別発行枚数 クレジットカード系列別の発行枚数は、(社)日本クレジット産業協会の推計に拠りますと下記の通りになります。 系列名:2005年度発行枚数(1995年度発行枚数) ①銀 行 系 :10,258万枚(8,882万枚) ②流 通 系 : 7,861万枚(5,916万枚) ③信 販 系 : 6,778万枚(6,288万枚) ④メーカー系 : 1,109万枚( […]
  • クレジットカードの市場規模クレジットカードの市場規模 (社)日本クレジット産業協会の2005年12月末時点での推計に拠りますと、 クレジット産業の市場規模は、後払いショッピングなどの「販売信用」が約40兆円、キャッシング・カードローンなどの「消費者金融」が約34兆円。合わせて約74兆円の市場規模です。 その内 ・クレジットカードの一回払いは23兆円 ・クレジットカードの割賦払いは2兆円 ・クレジットカードのキャッシングは8兆円 […]
  • クレジットカードの支払方法クレジットカードの支払方法 クレジットカードには複数の支払方法があります。 ここでは代表的な支払方法をご紹介しましょう。 ①翌月一括(1回)払い 利用代金を翌月に一括して支払う方式。最も用いられている支払い方法になります。 一般に手数料は不要。 ②ボーナス払い 利用代金をボーナス時期に一括して支払う方式。 一般に手数料は不要。 ③分割払い 利用代金を支払い回数を決めて分割して支払う方法(3回払い以 […]
  • クレジットカード歴史概略クレジットカード歴史概略 1945年、第二次世界大戦が終結し、アメリカ合衆国では再びクレジット産業が活発化し、石油会社や小売業者のハウスカードが広く普及しました。 当初のハウスカードは特定のガソリンスタンドや小売店でしか利用出来ませんでしたが、その後、系列の店舗間での利用が可能なカードへと発展します。 1950年、消費者と小売店の間に「第3者機関」が加わった新しいクレジット「汎用クレジットカード」 […]
  • American Express CardAmerican Express Card クレジットカードは、今やひとりが複数枚持つのも珍しくはなく、キャッシュレスの時代になりつつある今、非常に多くの場面で利用されています。 持っているととても便利なクレジットカードですが、その歴史はなんと60年以上。 今では世界中でさまざまなブランドのクレジットカードが登場しており、その種類はプロパーカードなどを含めると数えきれないほど。 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください