クレジットカード紛失・盗難

すぐにクレジットカードを発行した会社と最寄りの警察に届け出る必要があります。

多くのクレジットカードには、第三者に不正使用された場合は全額補償する保険が付帯されておりますが、届出をしなければ補償されません。

ただし、不正なキャッシングなど暗証番号の管理ミスは補償対象外となりますので注意が必要です。

Related posts

  • 分割払いの商品に問題分割払いの商品に問題 分割払いで購入した商品に問題がある場合、そのトラブルが解消されるまでクレジットカード会社への支払いを停止することが出来ます。(支払停止の抗弁) リボルビング払い及び分割払い(3回以上)で商品を購入して、その商品に破損、欠陥、商品の違いや引き渡しが成されない等のトラブルが起きた場合には、まず、交換・修理や引き渡しなどを販売店に依頼し、クレジットカード会社まで連絡します。 た […]
  • クーリングオフクーリングオフ 店舗外販売や訪問販売で、購入の申し込み・契約をした消費者に、一定期間内ならば違約金を支払うことなく無条件で契約の解除、申し込みの撤回を認める制度です。 クーリング・オフの期間は、クーリング・オフについて書面で知らされた日から起算して、訪問販売8日間、電話勧誘販売8日間、特定継続的役務8日間、マルチ商法20日間、業務提供誘引販売20日間。 不意打ち的な営業に対する弱者保護の […]
  • 請求金額が異なる請求金額が異なる 前提条件として、支払いが終了するまで自分のサインした控は保管しておく必要があります。 クレジットカードの利用明細が自分が使用した金額と異なる場合、まず、クレジットカードを利用した時に受取った控を確認します。 そして、その控の金額と利用明細の金額が違っていた場合には、クレジットカード会社に連絡し、請求内容を訂正させることが出来ます。 ただし、サインした控の金額と利用明細が […]
  • スキミングスキミング スキミングとは、クレジットカード自体は盗まず、磁気情報のみをコピーし盗み取る犯罪です。 性感エステ等の風俗店、ゴルフ場、大衆浴場での被害が多発しています。 盗み取った磁気データを基に偽造カードが作られ、2、3ヶ月後に不正使用されるケースが多く、スキミングされた場所の特定が難しいのが実情です。 「やられたかも」という場合はクレジットカード会社に連絡し指示に従うのが賢明です […]
  • 海外でのクレジットカード伝票記載について海外でのクレジットカード伝票記載について アメリカ合衆国など米国圏ではチップの習慣が根強くあります。キャッシュ(現金)で直接渡す場合のみならず、最近では請求金額にチップを含み含ませるケースが増えています。 その時のクレジットカードでの一般的な支払い方法についてご紹介致します。 下記は飲食店での例になります。 ①テーブルには担当者が決まっており、高級な飲食店ではなくとも、日本でのようにレジにて支払いをすることは通常 […]
  • VISA TOUCH(ビザ タッチ)VISA TOUCH(ビザ タッチ) ビザ・インターナショナルの非接触支払サービス“VISA TOUCH”(ビザ タッチ)。 “VISA TOUCH”(ビザ […]
  • 割賦販売法割賦販売法 割賦販売とは、販売業者が商品代金を2か月以上かつ3回以上の割賦つまりは分割後払いまたはリボルビングシステムで販売する取引のことを指します。 近頃では世界全体が商品やサービスを支払う際、クレジットカードを使用するキャッシュレス社会へ染まりつつあります。日本でも先頃、政府が先頭に立ちキャッシュレス対策に乗り出し、長年現金至上主義を貫いてきた日本でも、今や一人一枚クレジットカ […]
  • PayPay(ペイペイ)PayPay(ペイペイ) 出典:PayPay株式会社 スマートフォンを使った決済サービスといえば? 多くの方が思い浮かべるのが「PayPay(ペイペイ)」ではないでしょうか。 〇〇ペイが乱立し、混戦状態となっている今、ユーザーはさまざまなスマホ決済サービスの中からより使いやすく、お得なものを求めている状態です。 その中でも、どうしてPayPayが広く利用されているのでしょうか […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください