海外でのクレジットカード伝票記載について

アメリカ合衆国など米国圏ではチップの習慣が根強くあります。キャッシュ(現金)で直接渡す場合のみならず、最近では請求金額にチップを含み含ませるケースが増えています。

その時のクレジットカードでの一般的な支払い方法についてご紹介致します。

下記は飲食店での例になります。
①テーブルには担当者が決まっており、高級な飲食店ではなくとも、日本でのようにレジにて支払いをすることは通常ありません。食事終了後、テーブルにて担当者に「Check」の旨を伝えます。

②代金明細を確認後、クレジットカードを渡します。

③担当者が、クレジットカードを返し、複写式の打ち出したクレジットカード伝票へのサイン等の記入を求めてきます。

④請求金額(Sub Total)、Service Charge等を確認。「Tip(若しくはGratuity)」、「Total」欄が空欄の場合、記入します。「Tip」の目安は利用代金(Amount)の15%(10%~20%)。「Service Charge」が請求に含まれている場合、受けたサービスがその額以上だと思えば、その差額分を「Tip」欄に記入します。

記入例:
利用金額が$100、Service Chargeは10%、SUBTOTAL:110.00ならば、
TIP:$5-
TOTAL:$115-

金額の頭と尻に “$” と “-” を付けられるほうが良いでしょう。

「Total」欄の空欄は絶対に避け、「Tip」欄も加算額がない場合でも、“×”(バツ)マーク等を記入します。“**%”(**は数字)、“N/A”や“$0-”等、人によりその記載方法はマチマチですが、目的は、意味を伝え空欄を無くすことであり、好みです。

⑤Signature(署名欄)にカード裏記載のサインと同じサインを署名し、複写式の2枚目(Customer Copy)を受け取り、1枚目(Merchant Copy)は担当者に渡します。担当者が近くにいない場合はテーブルに置いておきます。

以上になりますが、多くの方が疑問に感じるのは以下の2点ではないでしょうか?

1.クレジットカードを機械に通した後で、なぜ、空欄があり、「Total」欄の記入をするのか?

2.「Service Charge」が請求に含まれているのに、なぜ、「Tip」欄があるのか?

「1」についてですが、伝票を打ち出した段階で確定ではなく、サイン記載後の伝票を基にクレジットカード会社に請求を出します。

「2」は様々な意見がありますが、「15%」を目安にその差額分を記載するほうが無難かと思います。ただし、多くの旅行ガイドブックではチップ不要と指南されています。

なお、注意点ですが、金額が誤っている場合でもサインをしてしまえば契約成立であり、後から取り消しは出来ません。

また、売上票の「お客様控え」は必ず保管してください。万が一、後日クレジットカード会社からくる請求金額が異なる場合の反証書類となります。

この場合、クレジットカード会社に規定の期間内に連絡をすればその額の引き落としはされません。

Related posts

  • オーストラリア旅行の際の注意オーストラリア旅行の際の注意 オーストラリアでは、加盟店がクレジットカード利用者に対し手数料(サーチャージ)を徴収することが法律により認められております。 従って、クレジットカード払いの場合、通常の現金払いよりも多く代金を請求されることがありますので注意が必要です。 なお、この制度は2003年1月より施行されております。 […]
  • アメリカ旅行の際の注意アメリカ旅行の際の注意 アメリカでは、クレジットカードの不正利用防止の為に、AVS(Address Verification Service)という本人確認システムが導入されております。 従って、一部の無人支払システムを用いている加盟店、例えば、ネットショップやセルフサービスのガソリンスタンド等で、クレジットカードを利用する場合、 […]
  • 海外でのレート換算海外でのレート換算 多くのクレジットカード会社では、 レート換算は、データ処理日で換算されます。 つまり、クレジットカードを利用した日ではありません。数日のタイムラグがあります。 そして、交換レートに、海外利用にかかる事務処理コストとして […]
  • ヨーロッパ旅行の際の注意ヨーロッパ旅行の際の注意 イギリスやフランスなど一部のEU諸国の加盟店でICのクレジットカードを利用する際は、暗証番号の入力が必要となりますので注意が必要です。 暗証番号が不明の場合、クレジットカード会社へ事前に確認しておきましょう。 多くのクレジットカード会社では、暗証番号の回答は自宅への郵送となり、時間を要します。 海外旅行に間に合うよう余裕を持ってお問合せ下さい。 […]
  • 免税制度免税制度 海外において、付加価値税(VAT)、物品サービス税(GST)を導入している国では、旅行者に対して、税金分の還付する制度があります。 この場合、免税手続きを行なうことにより還付金をクレジットカードの支払口座にて受け取ることが出来ます。 一般的な手続きとしては、 ①加盟店にて、パスポートを提示し、クレジットカードでの免税手続きをお願いします。 この際、加盟店より申請書類を受 […]
  • 江戸時代のクレジット江戸時代のクレジット 江戸時代に入るとクレジット(消費者信用)は更に普及発展しました。 「販売信用」に関しては、売り上げを増やす為の手法としてクレジットが用いられます。 文政年間(1803年~1830年)に、輪島で「椀講(わんこう)」という「頼母子講(たのもしこう)」や「無尽(むじん)」を発展させたクレジット販売が開始されました。 これは漆器を買いたい人が一つのグループ(講)をつくり、商 […]
  • 近代的な割賦販売の開始近代的な割賦販売の開始 明治時代後期より、近代的な割賦制度による販売が製造会社により開始されます。 1901年(明治34年)外資系の「シンガーミシン」が横浜に支店を開設し月賦による直接販売を始めたのが最初です。当時のシンガーミシンの値段は足踏み式のものが60円、月賦を用いると75円。下取り値引きも積極的に行い、大正期にはミシンの代名詞的存在にまでなりました。 1902年(明治35年)、本屋の […]
  • PayPay(ペイペイ)PayPay(ペイペイ) 出典:PayPay株式会社 スマートフォンを使った決済サービスといえば? 多くの方が思い浮かべるのが「PayPay(ペイペイ)」ではないでしょうか。 〇〇ペイが乱立し、混戦状態となっている今、ユーザーはさまざまなスマホ決済サービスの中からより使いやすく、お得なものを求めている状態です。 その中でも、どうしてPayPayが広く利用されているのでしょうか […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください