各社緊急連絡先

クレジットカードの盗難・紛失に関する連絡先になります。

ほとんどのクレジットカード会社にて年中無休、24時間体制で受付しています。

ダイナースクラブ : 0120-074-024

ジェーシービー : 0422-49-4421

VISAジャパングループ : 03-5392-7303

MUFGカード : 0120-107542

ユーシーカード : 03-5531-6100

セゾンカード03-5996-1111

アメリカン・エキスプレス : 0120-020-120

Related posts

  • クレジットカード用語集【ら行】クレジットカード用語集【ら行】 リボルビングカード リボルビングシステムで返済するクレジットカード。 リボルビングシステム クレジットカードの支払方式の一つ。物品・サービスの購入代金を、毎月固定の最少返済義務額(ミニマムペイメント)で支払う支払方法。繰越払い分には手数料(事実上の金利)が加算される。 […]
  • ICOCA(イコカ)ICOCA(イコカ) 「ICOCA(イコカ)」とは、JR西日本の定期券やJスルーカードをICカード化した、出改札システムに用いる目的で開発された非接触ICカードになります。 "ICOCA"は「IC Operating […]
  • ブラックリストブラックリスト クレジットの信用情報機関には、銀行系の「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」、信販系の「CIC」、消費者信用系の「全国信用情報センター(全情連)」、そして、独立系の「CCB」などがあります。 このうちの「CCB」を除く3つの信用情報機関は、「CRIN(Credit Information […]
  • MasterCard の歴史MasterCard の歴史 VISAと並ぶメガブランド「MasterCard」。 今現在、VISA、MasterCard、この2つのブランドで、クレジットカード市場の9割を占めます。 1940年代後半、一部のアメリカの銀行が、地元の商店で現金同様に使用できるクーポンを顧客向けに発行したことが起源です。 1951年、ニューヨークにあるFranklin National […]
  • 銀聯カード(Union Pay)銀聯カード(Union Pay) 出典:銀聯国際 今や世界最大のペイメントシステムブランドとなった銀聯カード(UnionPay)。 人口13億を超える巨大な市場を背景に、VISA、MasterCardに並ぶまで成長しました。 ただし、クレジットカードに限定すると、狭義の国際ブランドと言えるのは、VISA、MasterCard、American […]
  • 請求金額が異なる請求金額が異なる 前提条件として、支払いが終了するまで自分のサインした控は保管しておく必要があります。 クレジットカードの利用明細が自分が使用した金額と異なる場合、まず、クレジットカードを利用した時に受取った控を確認します。 そして、その控の金額と利用明細の金額が違っていた場合には、クレジットカード会社に連絡し、請求内容を訂正させることが出来ます。 ただし、サインした控の金額と利用明細が […]
  • 支払手段考察支払手段考察 貨幣(現金)が決済手段の基本であることは言うまでもありません。 そして、日常のショッピングにおいて利用出来る汎用性の高い支払手段として、この「貨幣」と「クレジットカード」が、長い間、中心を占めてきたとも言えます。 しかし、近年、この図式に変化が出てきました。 2000年3月6日:「貨幣」にとても近い即時決済型の「デビットカード(J-Debit)」誕生。 2001年11月7 […]
  • 海外でのクレジットカード伝票記載について海外でのクレジットカード伝票記載について アメリカ合衆国など米国圏ではチップの習慣が根強くあります。キャッシュ(現金)で直接渡す場合のみならず、最近では請求金額にチップを含み含ませるケースが増えています。 その時のクレジットカードでの一般的な支払い方法についてご紹介致します。 下記は飲食店での例になります。 ①テーブルには担当者が決まっており、高級な飲食店ではなくとも、日本でのようにレジにて支払いをすることは通常 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください