信用情報機関

信用情報機関は銀行系、信販系、消費者金融系とそれぞれ業態別に組織されています。

これら信用情報機関では、過去の支払い実績、キャッシング、カードローン状況、限度額などの個人信用情報を管理し、各加盟会員企業から与信目的の照会に応じて提供しています。

また、入会条件を満たしているはずなのに断られた時など自分の登録されている個人信用情報を確認することも可能です。

○全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
金融機関(銀行、信金、信組、労金、農協、政府系金融機関)等の個人信用情報機関(会員約1,550社)

○株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/
クレジット会社等の個人信用情報機関(会員約770社)

○全国信用情報センター連合会〈略称:全情連〉(FCBJ)
http://www.fcbj.jp/
消費者金融専業会社(専業者)等の個人信用情報機関(会員約4,000社)

○株式会社 シーシービー(CCB)
http://www.ccbinc.co.jp/
加盟会員約460社(信販、銀行系カード、流通系クレジット、信用保証、消費者金融など)の個人信用情報機関

Related posts

  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • ビューカードビューカード 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の子会社・株式会社ビューカードが発行するビューカードの発行は1992年に遡ります。ビューカードはクレジットカード機能を兼ね備えたカードとなっていますが、鉄道会社が発行しているカードということで日頃より鉄道を利用する方に便利な機能を兼ね備えたカードとなっており、一番のメリットはSuicaのオートチャージができるという点でしょう。 […]
  • 免税制度免税制度 海外において、付加価値税(VAT)、物品サービス税(GST)を導入している国では、旅行者に対して、税金分の還付する制度があります。 この場合、免税手続きを行なうことにより還付金をクレジットカードの支払口座にて受け取ることが出来ます。 一般的な手続きとしては、 ①加盟店にて、パスポートを提示し、クレジットカードでの免税手続きをお願いします。 この際、加盟店より申請書類を受 […]
  • QUICPay(クイックペイ)QUICPay(クイックペイ) 「QUICPay」とは、JCBが2005年4月4日(月)から開始した新支払サービスで「Quick&Useful IC […]
  • クレジットカードを支えるシステムクレジットカードを支えるシステム クレジット端末機G-CATクレジットカードを支えるシステムとして、CAT(Credit Authorization […]
  • オリコカードオリコカード オリコカード(出典:Orient […]
  • MasterCardMasterCard VISAと並ぶ国際ブランドの雄「MasterCard」。 世界的なATM網を持ち、特にデビットカードの市場ではリーダー的な存在です。 MasterCard Incorporated(マスターカード・インコーポレーテッド)は、米国証券取引委員会(SEC)に登録している非公開株式会社(近年上場予定)で、MasterCard […]
  • nanaco(ナナコ)nanaco(ナナコ) 「nanaco(ナナコ)」とは、非接触型のICチップ「FeliCa」を搭載したプリペイド方式のセブン&アイHLDGS.独自の電子 マネーです。 2007年春からサービスが開始されました。 「nanaco(ナナコ)」のネーミングの由来は、「7」&アイHLDGS.で、「コイン」のように使える気軽さ等『nanaco […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください