信用情報機関

信用情報機関は銀行系、信販系、消費者金融系とそれぞれ業態別に組織されています。

これら信用情報機関では、過去の支払い実績、キャッシング、カードローン状況、限度額などの個人信用情報を管理し、各加盟会員企業から与信目的の照会に応じて提供しています。

また、入会条件を満たしているはずなのに断られた時など自分の登録されている個人信用情報を確認することも可能です。

○全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
金融機関(銀行、信金、信組、労金、農協、政府系金融機関)等の個人信用情報機関(会員約1,550社)

○株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/
クレジット会社等の個人信用情報機関(会員約770社)

○全国信用情報センター連合会〈略称:全情連〉(FCBJ)
http://www.fcbj.jp/
消費者金融専業会社(専業者)等の個人信用情報機関(会員約4,000社)

○株式会社 シーシービー(CCB)
http://www.ccbinc.co.jp/
加盟会員約460社(信販、銀行系カード、流通系クレジット、信用保証、消費者金融など)の個人信用情報機関

Related posts

  • QUICPay(クイックペイ)QUICPay(クイックペイ) 「QUICPay」とは、JCBが2005年4月4日(月)から開始した新支払サービスで「Quick&Useful IC […]
  • 日本のクレジットの起源日本のクレジットの起源 わが国のクレジット(消費者信用)は、貨幣誕生以前、春に種子を貸し付け秋の収穫時に一定の利息をつけて返済させる「出挙(すいこ)」のような形態が発祥と言われております。 貨幣を基にしたクレジット(消費者信用)は、平安末期から鎌倉時代、質の良い渡来銭「宋銭」が流通するようになってから盛んになりました。 そのひとつ「頼母子講(たのもしこう)」は、金銭や穀物を互いに持ち寄って寺 […]
  • 三井住友カード三井住友カード 三井住友VISAクラシックカード(出典:三井住友カード株式会社) 三井住友カードは、日本で最初にVISAカードを発行したクレジットカード会社。VISAは、クレジットカードを所持している方の中で、最も人気のあるカードブランドです。 1 […]
  • VJAグループ(VJ協会)VJAグループ(VJ協会) VJAロゴ(出典:VJA株式会社) 日本の「VISAカード」のパイオニア ~VJAグループ(VJ協会)~ 「VISAカード」は世界150カ国以上の地域の2,000万店以上で使用でき、全世界のカード売り上げの60%以上ものシェアを占める世界最大のクレジットカードです。 自他共に認める世界No.1のクレジットカードであり、その「VISAカード」を日本国内 […]
  • 楽天ペイ楽天ペイ 出典:Rakuten 今や「楽天経済圏」という言葉が生まれるほど、サービス拡大を続けている楽天。 スマートフォンを利用した支払い(決済)に特化した「楽天ペイ」もそのひとつ。 キャッシュレスの波が広がり続けている今、楽天ペイがどのような特徴を持っているのか、なぜ人気なのかその理由について見てみましょう。 楽天ペイの特徴とは? 楽天ペイは文 […]
  • ポケットカードポケットカード P-oneカード(出典:ポケットカード株式会社) 日本国内だけでも非常に多くの種類がある、クレジットカード。 クレジットカード事業を展開している企業の中でも、特に知名度が高く・広く利用されているのが「ポケットカード」です。 ポケットカードとはどのようなクレジットカードなのか、さらにポケットカードを展開している会社「ポケットカード株式会社」についても、併せて […]
  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
  • FinTech(フィンテック)FinTech(フィンテック) 近年トレンドとなっているFinTech(フィンテック)とは? […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください