信用情報機関

信用情報機関は銀行系、信販系、消費者金融系とそれぞれ業態別に組織されています。

これら信用情報機関では、過去の支払い実績、キャッシング、カードローン状況、限度額などの個人信用情報を管理し、各加盟会員企業から与信目的の照会に応じて提供しています。

また、入会条件を満たしているはずなのに断られた時など自分の登録されている個人信用情報を確認することも可能です。

○全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
金融機関(銀行、信金、信組、労金、農協、政府系金融機関)等の個人信用情報機関(会員約1,550社)

○株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/
クレジット会社等の個人信用情報機関(会員約770社)

○全国信用情報センター連合会〈略称:全情連〉(FCBJ)
http://www.fcbj.jp/
消費者金融専業会社(専業者)等の個人信用情報機関(会員約4,000社)

○株式会社 シーシービー(CCB)
http://www.ccbinc.co.jp/
加盟会員約460社(信販、銀行系カード、流通系クレジット、信用保証、消費者金融など)の個人信用情報機関

Related posts

  • メルペイメルペイ 出典:Merpay, […]
  • クレジットカードの市場規模クレジットカードの市場規模 (社)日本クレジット産業協会の2005年12月末時点での推計に拠りますと、 クレジット産業の市場規模は、後払いショッピングなどの「販売信用」が約40兆円、キャッシング・カードローンなどの「消費者金融」が約34兆円。合わせて約74兆円の市場規模です。 その内 ・クレジットカードの一回払いは23兆円 ・クレジットカードの割賦払いは2兆円 ・クレジットカードのキャッシングは8兆円 […]
  • モニタリングシステムモニタリングシステム 「モニタリングシステム」とは、本人以外による不正使用を検知するセキュリティシステムです。 会員毎に過去の利用パターンと比較分析し、また、全世界における不正利用の手口・発生パターンをリアルタイムで蓄積することにより、異常な取引を検知し、店頭での本人確認、カードの一時的利用停止を行い被害を最小限に防いでいます。 自己学習機能を備え、日々変化する不正使用手口にも柔軟な対応が可能 […]
  • オーストラリア旅行の際の注意オーストラリア旅行の際の注意 オーストラリアでは、加盟店がクレジットカード利用者に対し手数料(サーチャージ)を徴収することが法律により認められております。 従って、クレジットカード払いの場合、通常の現金払いよりも多く代金を請求されることがありますので注意が必要です。 なお、この制度は2003年1月より施行されております。 […]
  • クレジットカード紛失・盗難クレジットカード紛失・盗難 すぐにクレジットカードを発行した会社と最寄りの警察に届け出る必要があります。 多くのクレジットカードには、第三者に不正使用された場合は全額補償する保険が付帯されておりますが、届出をしなければ補償されません。 ただし、不正なキャッシングなど暗証番号の管理ミスは補償対象外となりますので注意が必要です。 […]
  • 三井住友カード三井住友カード 三井住友VISAクラシックカード(出典:三井住友カード株式会社) 三井住友カードは、日本で最初にVISAカードを発行したクレジットカード会社。VISAは、クレジットカードを所持している方の中で、最も人気のあるカードブランドです。 1 […]
  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • 三井住友VISAカード三井住友VISAカード 三井住友VISAカード日本のVISA(ビザ)のパイオニア「三井住友VISAカード」。 日本の「VISAカード」は、1968(昭和43)年、住友クレジットサービスより発行された「住友カード」が最初になります。 当時はまだ「VISA」という統一ブランドはなく、米国のバンク・アメリカード(BankAmericard)の日本におけるフランチャイズとして、住友クレジットサービス […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください