ブラックリスト

クレジットの信用情報機関には、銀行系の「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」、信販系の「CIC」、消費者信用系の「全国信用情報センター(全情連)」、そして、独立系の「CCB」などがあります。

このうちの「CCB」を除く3つの信用情報機関は、「CRIN(Credit Information Network)」という情報交流システムにより、カード会員の延滞等の事故情報を交換しています。

俗に言う「ブラックリスト」に載るとはこの延滞等を繰り返し事故情報が登録されることです。

一旦ブラック情報が登録されれば通常5~7年は履歴が残り、借入れやクレジットの新規利用などが難しくなります。

信用情報機関に登録されている情報は
①個人識別情報:
氏名、生年月日、性別、住所、勤務先等

②与信情報
取引種類、契約年月日、金額、返済履歴等

③事故情報
延滞、延滞解消、延滞回数、不渡等

④その他
照会記録、苦情等
になります。

コンピューターは一回だけと言えども確実に良い情報(ホワイト情報)にしろ、悪い情報(ブラック情報)にしろ確実に記録蓄積致します。安易な気持ちはくれぐれも厳禁です。

クレジット・ヒストリーは財産とも言えるものであり大切にしたいものですね。

Related posts

  • クレジットカード用語集【は行】クレジットカード用語集【は行】 FeliCa […]
  • iD(アイディ)iD(アイディ) 「iD(アイディ)」とは、NTTドコモが「おサイフケータイ」によるクレジット支払を行うために構築した支払プラットフォームです。 これにより、おサイフケータイをかざすだけで後払いショッピングやキャッシングが出来ます。 ケータイひとつで、より便利でスピーディーなショッピングが可能です。 三井住友カードと提携し、2005年12月1日からスタート致しました。 利用するには「 […]
  • DCMX(ディーシーエムエックス)DCMX(ディーシーエムエックス) 「DCMX(ディーシーエムエックス)」とは、NTTドコモの、非接触ICチップを搭載した携帯電話「おサイフケータイ」と連携したクレジットカードサービスです。 「DCMX」は、「DoCoMoのX」を略した名称になります。 2006年4月28日から提供開始されました。 NTTドコモは既に「iD」でクレジット業界に大きく参入しておりますが、「iD」では基本的にそのブランド管 […]
  • アメリカ旅行の際の注意アメリカ旅行の際の注意 アメリカでは、クレジットカードの不正利用防止の為に、AVS(Address Verification Service)という本人確認システムが導入されております。 従って、一部の無人支払システムを用いている加盟店、例えば、ネットショップやセルフサービスのガソリンスタンド等で、クレジットカードを利用する場合、 […]
  • クレジットカード系列別発行枚数クレジットカード系列別発行枚数 クレジットカード系列別の発行枚数は、(社)日本クレジット産業協会の推計に拠りますと下記の通りになります。 系列名:2005年度発行枚数(1995年度発行枚数) ①銀 行 系 :10,258万枚(8,882万枚) ②流 通 系 : 7,861万枚(5,916万枚) ③信 販 系 : 6,778万枚(6,288万枚) ④メーカー系 : 1,109万枚( […]
  • VJAグループ(VJ協会)VJAグループ(VJ協会) VJAロゴ(出典:VJA株式会社) 日本の「VISAカード」のパイオニア ~VJAグループ(VJ協会)~ 「VISAカード」は世界150カ国以上の地域の2,000万店以上で使用でき、全世界のカード売り上げの60%以上ものシェアを占める世界最大のクレジットカードです。 自他共に認める世界No.1のクレジットカードであり、その「VISAカード」を日本国内 […]
  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
  • 月賦百貨店の発祥月賦百貨店の発祥 明治維新後、時代は大きく変化しました。 交通機関や輸送手段も発達し、それまで海岸地域を中心に活動していた「椀舟」の行商人達は、陸輸にて「出張陳列販売」を始めます。 当初、「椀舟」による販売は盆と暮2回の「節季払い」で行われておりましたが、1895年、伊予桜井「椀舟」の家庭で生まれ育った呉服店「丸善」の田坂善四郎により「月掛け売り」がなされるようになります。 「月掛け […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください