ブラックリスト

クレジットの信用情報機関には、銀行系の「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」、信販系の「CIC」、消費者信用系の「全国信用情報センター(全情連)」、そして、独立系の「CCB」などがあります。

このうちの「CCB」を除く3つの信用情報機関は、「CRIN(Credit Information Network)」という情報交流システムにより、カード会員の延滞等の事故情報を交換しています。

俗に言う「ブラックリスト」に載るとはこの延滞等を繰り返し事故情報が登録されることです。

一旦ブラック情報が登録されれば通常5~7年は履歴が残り、借入れやクレジットの新規利用などが難しくなります。

信用情報機関に登録されている情報は
①個人識別情報:
氏名、生年月日、性別、住所、勤務先等

②与信情報
取引種類、契約年月日、金額、返済履歴等

③事故情報
延滞、延滞解消、延滞回数、不渡等

④その他
照会記録、苦情等
になります。

コンピューターは一回だけと言えども確実に良い情報(ホワイト情報)にしろ、悪い情報(ブラック情報)にしろ確実に記録蓄積致します。安易な気持ちはくれぐれも厳禁です。

クレジット・ヒストリーは財産とも言えるものであり大切にしたいものですね。

Related posts

  • クレジットカード用語集【は行】クレジットカード用語集【は行】 FeliCa […]
  • 特定商取引法特定商取引法 特定商取引とは、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売といった、店頭販売とは異なる特定の商取引に関する法律です。 昭和51年に制定されたこの法律は、当時こうした特定商取引によって業者と消費者との間で様々なトラブルが噴出したことから、こうしたトラブルを回避し、昭和47年に日本で初めて導入されたクーリングオフ制度等の手段等によって消費者の被害を防止し、業者と消費者との取引を公正か […]
  • 各社緊急連絡先各社緊急連絡先 クレジットカードの盗難・紛失に関する連絡先になります。 ほとんどのクレジットカード会社にて年中無休、24時間体制で受付しています。 ダイナースクラブ : 0120-074-024 ジェーシービー : 0422-49-4421 VISAジャパングループ : 03-5392-7303 MUFGカード : 0120-107542 ユーシーカード : […]
  • 《セゾン》カード《セゾン》カード 《セゾン》カードインターナショナル […]
  • 三井住友VISAカード三井住友VISAカード 三井住友VISAカード日本のVISA(ビザ)のパイオニア「三井住友VISAカード」。 日本の「VISAカード」は、1968(昭和43)年、住友クレジットサービスより発行された「住友カード」が最初になります。 当時はまだ「VISA」という統一ブランドはなく、米国のバンク・アメリカード(BankAmericard)の日本におけるフランチャイズとして、住友クレジットサービス […]
  • Edy(エディ)Edy(エディ) 「Edy(エディ)」とは、軽くタッチするだけでお支払いができる簡単・便利なプリペイド型の電子マネーです。 自分のお財布にお金を入れるように、Edyチャージ(入金)して、繰り返しチャージして、何度でもご利用いただけます。 ビットワレットにより、2001年11月からサービスが開始されました。 Edyの特色は 1.Edyは誰でも使える Edyはプリペイド式なので自分でチャ […]
  • クレジットカード歴史概略クレジットカード歴史概略 1945年、第二次世界大戦が終結し、アメリカ合衆国では再びクレジット産業が活発化し、石油会社や小売業者のハウスカードが広く普及しました。 当初のハウスカードは特定のガソリンスタンドや小売店でしか利用出来ませんでしたが、その後、系列の店舗間での利用が可能なカードへと発展します。 1950年、消費者と小売店の間に「第3者機関」が加わった新しいクレジット「汎用クレジットカード」 […]
  • VISAVISA 「VISAカード」は世界150カ国以上の地域の2,000万店以上で使用でき、全世界のカード売り上げの60%以上ものシェアを占める世界最大のクレジットカードです。 VISAインターナショナルは、VISA商標の所有権・使用許諾権を持ち、国際オーソリゼーション(信用照会)、資金精算の集中処理、新しいサービスの開発、世界規模の広告PR活動を主務にしています。 つまり、VISAインタ […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください