nProtect Netizen(エヌプロテクト ネチズン)

インターネットの普及により、オンラインでも利用履歴の照会などを行う機会が増えてきております。

それと同時に、スパイウェアやキーロガーといった不正に個人IDや暗証番号を盗み取る犯罪も発生しており、今現在、多くのクレジットカード会社のウェブサイトでは、「nProtect Netizen(エヌプロテクト ネチズン)」 というセキュリティサービスを無償で提供しております。

「nProtect Netizen」 セキュリティサービスとはウィルスやスパイウェアからあなたのパソコンと情報を守るサービスです。

その主な機能は

①AntiWorm(アンチワーム)
「ブラスター」や「サッサー」などのウィルス、インターネット接続のみで感染するワームウィルスをパソコンへの侵入前に行動を検知。未然に感染からブロックします。

②KeyCrypt(キークリプト)
キーログハッキングなどパソコンの入力履歴を盗むツールから、カード番号などの個人情報が流出しないようしっかりガード。Internet Explorer上での入力内容を暗号化して、ハッキング行為自体を無力化します。

③RealTime Detector(リアルタイム・ディテクター)
特定のサイトを表示している間は、ウィルスの活動や不正な情報通信を常時監視・ブロックして、被害の発生を防ぎます。

④Personal Firewall(パーソナル・ファイアウォール)
パソコンの通信状況を受信・発信両方で監視し、不審な通信を遮断できます。パソコン内のデータを不正に閲覧されるのを防いだり、不要な送信を禁止したりして、情報漏洩や不正侵入を防ぎます。

⑤フィッシングサイトへのアクセスを警告
URL本物と見せかけ、大事な個人情報を横取りしようとするウェブサイトを「フィッシングサイト」と呼びます。nProtect Netizen が起動している間、nProtect Netizenを起動 させたウェブサイトとは関係のない URLをブラウザが開こうとした際に注意を促すメッセージダイアログを表示させます。

これらの機能により、クレジットカード会社のホームページにアクセスしている間、サイトの各種サービスをより安心して利用することが可能となっています。

Related posts

  • モニタリングシステムモニタリングシステム 「モニタリングシステム」とは、本人以外による不正使用を検知するセキュリティシステムです。 会員毎に過去の利用パターンと比較分析し、また、全世界における不正利用の手口・発生パターンをリアルタイムで蓄積することにより、異常な取引を検知し、店頭での本人確認、カードの一時的利用停止を行い被害を最小限に防いでいます。 自己学習機能を備え、日々変化する不正使用手口にも柔軟な対応が可能 […]
  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • 3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス)3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス) 「 3Dセキュア」とは、VISAインターナショナルが開発したクレジットカードによるオンラインショッピングを安全に行うための認証の仕組みです。 「 […]
  • PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard) PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、加盟店・支払代行事業者が取り扱うカード会員のクレジットカード情報・取り引き情報を安全に守るために、JCB・American […]
  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
  • QRコード決済QRコード決済 進化するQRコード(出典:株式会社デンソーウェーブ) QRコードとは、 […]
  • 近代的な割賦販売の開始近代的な割賦販売の開始 明治時代後期より、近代的な割賦制度による販売が製造会社により開始されます。 1901年(明治34年)外資系の「シンガーミシン」が横浜に支店を開設し月賦による直接販売を始めたのが最初です。当時のシンガーミシンの値段は足踏み式のものが60円、月賦を用いると75円。下取り値引きも積極的に行い、大正期にはミシンの代名詞的存在にまでなりました。 1902年(明治35年)、本屋の […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください