モニタリングシステム

「モニタリングシステム」とは、本人以外による不正使用を検知するセキュリティシステムです。

会員毎に過去の利用パターンと比較分析し、また、全世界における不正利用の手口・発生パターンをリアルタイムで蓄積することにより、異常な取引を検知し、店頭での本人確認、カードの一時的利用停止を行い被害を最小限に防いでいます。

自己学習機能を備え、日々変化する不正使用手口にも柔軟な対応が可能です。

クレジットカード利用暦が長い方は恐らく一度は経験されているかと思いますが、店頭での電話確認の背景にはこのような「モニタリングシステム」があるのです。

面倒くさいのは正直な意見ですが、24時間、365日、私達のクレジットカードを見守ってくれているのですね。

Related posts

  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • 3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス)3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス) 「 3Dセキュア」とは、VISAインターナショナルが開発したクレジットカードによるオンラインショッピングを安全に行うための認証の仕組みです。 「 […]
  • PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard) PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、加盟店・支払代行事業者が取り扱うカード会員のクレジットカード情報・取り引き情報を安全に守るために、JCB・American […]
  • Origami Pay(オリガミペイ)Origami Pay(オリガミペイ) 出典:Origami Inc. 日本の文化「折り紙」をモチーフにしたスマホ決済サービス・Origami Pay(オリガミペイ)。 乱立するスマホ決済サービスの中でもいち早くサービスを開始したことで知られていますが、Origami Payにはどのような特徴があるのでしょうか。 Origami […]
  • PiTaPa(ピタパ)PiTaPa(ピタパ) 「PiTaPa(ピタパ)」とは、関西の交通機関(阪急電鉄,近畿日本鉄道,阪神電気鉄道などの私鉄や,公共交通機関)が加盟する「スルッとKANSAI協議会」が提供するICカードを使った支払システムです。 2004年8月1日(日)からサービスが開始されております。 電車・バス・飲食・ショッピング等の支払いに使える、カンタン・便利なポストペイ(後払い)方式のカードになります。 […]
  • 海外でのクレジットカード伝票記載について海外でのクレジットカード伝票記載について アメリカ合衆国など米国圏ではチップの習慣が根強くあります。キャッシュ(現金)で直接渡す場合のみならず、最近では請求金額にチップを含み含ませるケースが増えています。 その時のクレジットカードでの一般的な支払い方法についてご紹介致します。 下記は飲食店での例になります。 ①テーブルには担当者が決まっており、高級な飲食店ではなくとも、日本でのようにレジにて支払いをすることは通常 […]
  • 請求金額が異なる請求金額が異なる 前提条件として、支払いが終了するまで自分のサインした控は保管しておく必要があります。 クレジットカードの利用明細が自分が使用した金額と異なる場合、まず、クレジットカードを利用した時に受取った控を確認します。 そして、その控の金額と利用明細の金額が違っていた場合には、クレジットカード会社に連絡し、請求内容を訂正させることが出来ます。 ただし、サインした控の金額と利用明細が […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください