モニタリングシステム

「モニタリングシステム」とは、本人以外による不正使用を検知するセキュリティシステムです。

会員毎に過去の利用パターンと比較分析し、また、全世界における不正利用の手口・発生パターンをリアルタイムで蓄積することにより、異常な取引を検知し、店頭での本人確認、カードの一時的利用停止を行い被害を最小限に防いでいます。

自己学習機能を備え、日々変化する不正使用手口にも柔軟な対応が可能です。

クレジットカード利用暦が長い方は恐らく一度は経験されているかと思いますが、店頭での電話確認の背景にはこのような「モニタリングシステム」があるのです。

面倒くさいのは正直な意見ですが、24時間、365日、私達のクレジットカードを見守ってくれているのですね。

Related posts

  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • 3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス)3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス) 「 3Dセキュア」とは、VISAインターナショナルが開発したクレジットカードによるオンラインショッピングを安全に行うための認証の仕組みです。 「 […]
  • PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard) PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、加盟店・支払代行事業者が取り扱うカード会員のクレジットカード情報・取り引き情報を安全に守るために、JCB・American […]
  • 出資法出資法 出資法は、貸金業者などを規制する法律で、出資金の受け入れの制限や金利設定を取り決めており、銀行など法律で認可されている業者以外のものが貸金業として不特定多数から資金を集めたりする行為を禁止しています。一部の個人取引も出資法違反の対象となります。 正式名称は「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」です。 1954年に制定された出資法は、1953年の保全経 […]
  • 貸金業規制法貸金業規制法 貸金業規制法は1983年(昭和58年)に制定・施行されました。 この貸金業規制法が制定された背景には、俗に言うサラ金による多重多額債務、そして、それに伴う過度の取り立てが社会問題化したことがあります。 貸金業規制法の目的は(貸金業規制法第一章第一条 […]
  • ライフカードライフカード クレジットカードのブランドもずいぶん多く存在しますが、ライフカードはその中でもずいぶんとユニークな存在です。 ライフカードの発行元であるライフカード株式会社もまた、珍しい経緯をたどっています。 カードと会社の名称である、ライフカードについて見ていきましょう。 ライフカードの特徴と概説 現在の、企業としてのライフカードは、もっぱらクレジットカード事業をおこなって […]
  • ヨーロッパ旅行の際の注意ヨーロッパ旅行の際の注意 イギリスやフランスなど一部のEU諸国の加盟店でICのクレジットカードを利用する際は、暗証番号の入力が必要となりますので注意が必要です。 暗証番号が不明の場合、クレジットカード会社へ事前に確認しておきましょう。 多くのクレジットカード会社では、暗証番号の回答は自宅への郵送となり、時間を要します。 海外旅行に間に合うよう余裕を持ってお問合せ下さい。 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください