モニタリングシステム

「モニタリングシステム」とは、本人以外による不正使用を検知するセキュリティシステムです。

会員毎に過去の利用パターンと比較分析し、また、全世界における不正利用の手口・発生パターンをリアルタイムで蓄積することにより、異常な取引を検知し、店頭での本人確認、カードの一時的利用停止を行い被害を最小限に防いでいます。

自己学習機能を備え、日々変化する不正使用手口にも柔軟な対応が可能です。

クレジットカード利用暦が長い方は恐らく一度は経験されているかと思いますが、店頭での電話確認の背景にはこのような「モニタリングシステム」があるのです。

面倒くさいのは正直な意見ですが、24時間、365日、私達のクレジットカードを見守ってくれているのですね。

Related posts

  • ICカードICカード 「ICカード(Integrated Circuit […]
  • PhishWall(フィッシュウォール)PhishWall(フィッシュウォール) 「PhishWall(フィッシュウォール)」とは、クライアント側からウェブサーバを認証する独自の技術をベースとして株式会社セキュアブレインが開発したフィッシング対策ソリューションです。 インターネットユーザが、ユーザ名やパスワード、その他の秘密情報を送信する前に、そのウェブサーバが本物か偽装されたものであるかをリアルタイムに判断して、シグナルで表示し、あなたの大切な個人情報 […]
  • 3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス)3Dセキュア(オンラインショッピング認証サービス) 「 3Dセキュア」とは、VISAインターナショナルが開発したクレジットカードによるオンラインショッピングを安全に行うための認証の仕組みです。 「 […]
  • PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard) PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、加盟店・支払代行事業者が取り扱うカード会員のクレジットカード情報・取り引き情報を安全に守るために、JCB・American […]
  • 請求金額が異なる請求金額が異なる 前提条件として、支払いが終了するまで自分のサインした控は保管しておく必要があります。 クレジットカードの利用明細が自分が使用した金額と異なる場合、まず、クレジットカードを利用した時に受取った控を確認します。 そして、その控の金額と利用明細の金額が違っていた場合には、クレジットカード会社に連絡し、請求内容を訂正させることが出来ます。 ただし、サインした控の金額と利用明細が […]
  • Smartplus(スマートプラス)Smartplus(スマートプラス) 「Smartplus(スマートプラス)」とは、旧日本信販(現三菱UFJニコス)が開発した、おサイフケータイ®やカードをかざすだけでご利用いただける、事前のチャージやサインがいらない非接触ICクレジット支払サービスです。 2004年12月:UFJ銀行ATMでキャッシングサービスからスタート2005年8月:ショッピングサービスを開始2006年3月:ビザ・インターナショナルが開発 […]
  • 各社緊急連絡先各社緊急連絡先 クレジットカードの盗難・紛失に関する連絡先になります。 ほとんどのクレジットカード会社にて年中無休、24時間体制で受付しています。 ダイナースクラブ : 0120-074-024 ジェーシービー : 0422-49-4421 VISAジャパングループ : 03-5392-7303 MUFGカード : 0120-107542 ユーシーカード : […]
  • クレジットカードの利用限度額クレジットカードの利用限度額 近年、日本ではクレジットカードの利用者が増え続けています。消費税増税や人手不足という時代の追い風、さらには政府のキャッシュレス対策強化も伴い、今後さらにクレジットカードの利用者は増え続けていくものと予測されます。 そんなクレジットカードを利用するにあたって、まず契約段階で定めなければならないのが、利用限度額ですね。この利用限度額、低く見積もりすぎても後から大きな買い物 […]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください